イラストでわかりやすく伝える健康増進情報。
介護レクリエーションをアートで楽しもう!

杖を使って歩いてみよう (歩行:杖を使用)

自分にあった杖を使用して、歩行の安定性を高め、歩くことへの自身を高めましょう。

対策・予防
【リハビリ内容】歩行訓練
ターゲット部位
痛みがある足の負担を減らすために使用する杖。杖を正しく使わないと、痛みがある足の負担は減りません。このシートでは、歩くことはできるけど、転倒するという不安感をもっている人向けに杖を正しく使って歩行する方法をまとめています。
作成日:2021.04.13

体操説明

①杖を持ち、立つ。

※ 左足が痛い場合
痛みのない方の脚側(この場合は、右)の手で杖を持ちます。

注意:
地面に先ゴム全体を乗せて、安定した状態で、一歩ずつ、ゆっくり確実に行いましょう。

②杖を一歩手前に出す。

杖を右手に握り、杖を一歩手前に出します。

注意:
* 杖の長さが合わないときは、使うのをやめましょう。 * 使う前に壊れている部分がないか、チェックしましょう。(先ゴムがすり減っていないか?) * 柔らかな地面や滑りやすい場所では、使わないようにしましょう。

③痛い方の脚を出す。

出した杖に体重をかけながら痛い方の脚を出します。

④両脚を揃える。

良い方の脚を出し、両脚を揃えます。

ポイント

注意:
一歩ずつ、ゆっくり確実に行いましょう。

回数

ターゲット部位について

痛い脚と反対の手で杖を持つ理由は?

杖は、持った側に荷重がかかります。よって、痛みがない脚の手で持つことにより、反対側の痛みのある脚への荷重が減ります。

つまり、痛む脚に負荷がかからないようにするために、痛い脚と反対の手に杖を持つようにします。

イラスト素材(データ販売・ダウンロード)

円(税抜)

※ サイト内のイラスト、文章などの無断転載・転用を禁止しています。
※ 印刷物をご希望の場合、別途お問い合わせください。

効能別にまとめられた『ツボかるた」のシートをご希望の方へ

効能別にまとめた「ツボかるた」のデータ・シートの販売もしています。詳しくは、「シートの販売について」をご覧ください。

ツボかるたを使って、かるた遊びをしてみたいと思った方へ

高齢者向けのツボ40種類の「ツボかるた」をまとめた「健康ご長寿 ツボかるた」を販売しています。介護施設での介護レクリエーションや健康意識が高い方の集まりでの話題作りに最適です。詳しくはこちらをご覧ください。

関連素材