イラストでわかりやすく伝える健康増進情報。
介護レクリエーションをアートで楽しもう!

太ももの裏側の筋肉のストレッチ(床に座る:上体倒し)

片脚を曲げて床に座り、上体を倒して、筋肉疲労のケアをしよう!

対策・予防
下半身の疲労回復、肉離れの予防、姿勢改善、腰痛予防、猫背の改善 など
ターゲット部位
太ももの裏側の筋肉(ハムストリングス)
太ももの裏側の筋肉は、筋肉量が多く、大きな筋肉です。その筋肉をほぐして、疲労が溜まりにくい体に改善してみませんか? また、骨盤とつながっている筋肉なので、後ろに傾いた骨盤を元の正しい位置に改善し、姿勢が改善することや腰痛の予防も期待できます。
作成日:2021.03.29

体操説明

①片足を曲げて、足の膝で押さえた上体で床に座る。

膝の下にもってくる側の膝が痛くて曲げることができない方は、丸めたタオルや500mlのペットボトルなどを膝の下にかまして、楽な位置で膝を曲げておきましょう。

②手を膝に当て、足のつま先を見る。 

手を膝に当て、ゆっくりと前に出していきます。

③上体をゆっくりと倒して静止。

軽い痛みとともに気持ちよさも感じる程度まで倒したら、そこで静止しましょう。20秒ほど静止して、元に戻します。

ポイント

注意:
胸を足に近づけるようにしましょう。筋肉が伸びてくると前に倒しやすくなってくるので、
2回目、3回目と少しずつ手を遠ざけられるようにしましょう。

回数

左右で3回

ターゲット部位について

太ももの裏側の筋肉(ハムストリングス)を伸ばす

太ももの裏側にある筋肉を伸ばすとどのようないいことがあるのでしょうか?
主な効果は以下の通りです。

(1)疲労回復効果…筋肉が硬くなるのを防ぐことで、血液の流れが良くなり、老廃物の排出がスムーズになり、疲労物質がたまりにくくなります。

(2)姿勢の改善 … 骨盤とつながった筋肉であるため、骨盤を正しい位置に改善することができます。

(3)肉離れの予防…筋肉が硬くなるのを防ぐことで、肉離れを予防することができます。

膝や股関節を動かす、太ももの裏側の筋肉

腿の裏側の筋肉のハムストリングは、膝を曲げたり、股関節(こかんせつ)を動かすときに重要な働きをします。

ハムストリングは、大腿二頭筋(だいたいにとうきん)、半腱様筋(はんけんようきん)、半膜様筋(はんまくようきん)の総称になります。

イラスト素材(データ販売・ダウンロード)

円(税抜)

※ サイト内のイラスト、文章などの無断転載・転用を禁止しています。
※ 印刷物をご希望の場合、別途お問い合わせください。

効能別にまとめられた『ツボかるた」のシートをご希望の方へ

効能別にまとめた「ツボかるた」のデータ・シートの販売もしています。詳しくは、「シートの販売について」をご覧ください。

ツボかるたを使って、かるた遊びをしてみたいと思った方へ

高齢者向けのツボ40種類の「ツボかるた」をまとめた「健康ご長寿 ツボかるた」を販売しています。介護施設での介護レクリエーションや健康意識が高い方の集まりでの話題作りに最適です。詳しくはこちらをご覧ください。

関連素材