イラストでわかりやすく伝える健康増進情報。
介護レクリエーションをアートで楽しもう!

太ももの内側の筋肉のストレッチ(床に座る:膝曲げ前屈)

床に座って膝曲げ前屈。骨盤と股関節を安定させる役割を持つ太ももを内側の筋肉をケア !

対策・予防
筋肉のケア
ターゲット部位
太ももの内側の筋肉(股関節内転筋群:こかんせつないてんきんぐん)
普段、あまり使わない筋肉とされている、太ももの内側の筋肉。だからこそ、硬くならないようにストレッチをして、ケアをしておきたいですね。
作成日:2021.03.29

体操説明

①足の裏を合わせて股を開き、あぐらをかきます。

片手を前方に押し出す姿勢を取り、
可能な範囲で足の裏同士を合わせた状態で、身体側に引き寄せましょう。

注意:
アキレス腱を伸ばすことを意識します。 股関節や膝に痛みの出る方は、痛みの出ない角度で行いましょう。

②手を前方に伸ばして、上体を前に倒し20秒ほど静止。 

頭と手をゆっくりと前に倒します。太ももの内側が
伸びていることを意識します。さらに膝を床に近づけると伸びを感じやすいです。

注意:
前に倒れるときに呼吸を吐きながら行いましょう。

ポイント

注意:
歩いた後に行うと、筋肉の疲労解消になります。

回数

10秒×2回

ターゲット部位について

太もも内側の筋肉の役目

骨盤を支え、太ももを内側に動かす筋肉です。

・骨盤の安定
・姿勢の維持
・安定した歩行   などに関わっています。

この筋肉が弱いと、O脚になりやすくなり、歩行も不安定になるほか、膝に負担がかかるため、膝の痛みにつながることもあります。

太ももの内側の筋肉(股関節内転筋群:こかんせつないてんきんぐん)

太もも内側には、たくさんの筋肉が骨盤と脚をつなぐような形で集まっています。

主な役割
(1)股関節を内側に動かす、
(2)股関節を前後に動かす、膝関節を曲げる 


例えば、太ももを内側にしめる(脚を閉じる)ような動作や、歩くときに足を前に出すときになどに、関わっています。

イラスト素材(データ販売・ダウンロード)

円(税抜)

※ サイト内のイラスト、文章などの無断転載・転用を禁止しています。
※ 印刷物をご希望の場合、別途お問い合わせください。

効能別にまとめられた『ツボかるた」のシートをご希望の方へ

効能別にまとめた「ツボかるた」のデータ・シートの販売もしています。詳しくは、「シートの販売について」をご覧ください。

ツボかるたを使って、かるた遊びをしてみたいと思った方へ

高齢者向けのツボ40種類の「ツボかるた」をまとめた「健康ご長寿 ツボかるた」を販売しています。介護施設での介護レクリエーションや健康意識が高い方の集まりでの話題作りに最適です。詳しくはこちらをご覧ください。

関連素材